共働き子育て家族にうれしい家

多忙な共働き子育て家族に、うれしい家が完成しました。家族が一緒にいる時間が限られているからこそ、お家で過ごす時間を共有し、家族それぞれが日々楽しめる居場所になるよう設計しました。LDKには明るく開放的で立体感のある吹抜けに、木の温かみを感じる化粧梁など、オシャレにデザインし、家族が自然と集まるくつろぎ空間に。居室のある3階フロアとの仕切りをなくし、部屋にいてもお互いが声をかけやすく、家族の絆も深まります。またコロナ禍で家での過ごす時間が多くなった事で、主寝室にはテレワークに対応した書斎を設け、2人同時に並んで使える洗面スペースや、プライバシーの保たれたバルコニーなど、都会でありながら、ライフスタイルやお子様の成長に合わせて、フレキシブルに住める工夫がたっぷり詰まっています。

WORKS
THANK YOU

MODEL HOUSE 043

    • 所在地
      THANK YOU
    • 間取り
      4LDK
    • 敷地面積
      80.18m²(24.25坪)
    • 延床面積
      104.11m²(31.49坪)
  • 静かに集中できる書斎

    1階の主寝室には、リモートワークや趣味に集中できる程よい広さの書斎を設けました。家で仕事をする時など、ご家族と距離を置いて、静かな時間を過ごせる空間です。スムーズに出入りができるよう扉をあえて設けず、ゆるやかな独立性を確保しました。壁付けの可動棚は上部スペースを有効活用し、書籍や書類をスッキリと収納できます。

  • 2人同時に使える洗面スペース

    1階から上がってくる階段ホールの洗面スペース。帰宅時の手洗い習慣が自然と身につき、外出時の身支度もしやすいです。ワイドな洗面カウンターは、手荷物を置いたり、2人同時にも使えます。またイスに座ってゆったりとメイクや家事ができるのもうれしいポイントです♪脱衣室と分けた事で生活感が見えないので、お客様にも気兼ねなく使って頂けます。

  • 洗面スペースと分けた脱衣室

    洗面スペースと分けた事で、使い勝手の良い脱衣室。吊収納の中にご家族の着替えやタオル、洗剤のストックを入れて置けるので、脱衣室をスッキリと整理整頓できます。吊収納下のスペースは、ランドリーボックスを置いて、脱いだ服を入れる場所として。またガスと電気のコンセントを設置し、パワフルなガス衣類乾燥機にも対応しています。

  • ダイニング上部の吹抜け

    ダイニング上部には吹抜けを設けました。北向きながら、3階バルコニーの南面に面した窓から、陽光を取り込み、明るく開放的なLDKとなっています。空間演出するアクセントに間接照明を設け、シーリングファンや化粧火打ち梁も取り入れました。目にも楽しくオシャレで落ち着いた時間をお過ごし頂けます。

  • プライベートバルコニー

    2階リビングに面したプライベートバルコニー。外部からの視線が気になる方向の壁を高くし、カーテンを閉めなくても、家の中が見えないようにしました。水栓があるので、夏にはビニールプールなどを出して、小さいお子様の水遊びもできます。家事をしながらでも目の届く位置にあるので、安心して使えます。
    ※写真はイメージです。

  • 2WAYバルコニー

    3階には廊下と部屋につながるお家の中心に、約3.0帖のバルコニーを設けました。洗濯動線を考え、布団や洗濯物を干す時も、個人の部屋を通ることなく、スムーズに出入りができます。また洗濯物を干す以外にも、リビングに陽光を注ぐ、窓を配置する役割も担っています。
    ※写真は弊社施工例です。

  • 制振ダンパー「MIRAIE」採用

    ご家族が暮らす大切な住まいを守る地震対策は、耐震だけで十分でしょうか。住まいの耐震性をさらに高めることは重要です。しかし、本震に続く余震のこと、また地震後の暮らしのことも考えると、耐震だけで安心だとは言い切れません。住宅用制震ダンパーMIRAIE[ミライエ]は、突然の地震や、その後も繰り返し発生する余震の揺れを、効果的に吸収し続けることで、家の損傷を軽減し、補修を最小限にとどめます。90年経過しても性能がほとんど変わらないので、メンテナンスの必要もありません。

PLANNING

The Architect’s Voice

外観はシンプルでスタイリッシュな印象のデザインにしました。室内のフローリングや階段には突板材を使用し、リビング上部の化粧梁は木目調のクロスで仕上げるなど、随所で木の温かみを感じられるように工夫しました。またキッチン周りは、ブラック系のクロスと、石目調のフロアタイルで空間にアクセントを持たせています。間取りは、視線を遮りプライベート感が出るようにするとともに、北向きの立地であることを感じさせない、明るい空間となるよう設計しました。