ぐるっとキッチンがあるお家

適材適所にある収納と回遊キッチンで、家事がスイスイ進むお家ができました。玄関にはベビーカーも置けちゃう大容量シューズクロークを用意。さらに、季節ものやキャンプ用品もたくさん入る1階の階段下収納も!各居室には十分な収納を確保しつつ、3階には大きなファミリークロークが。家族みんなの服を収納しちゃえば、洗濯物の収納も一か所で済みます。キッチン周りは、両サイドにパントリー、カップボードがあるので家電や食器、ストックも全部しまってスッキリ快適なキッチンを実現。ぐるぐる回れるので、家事渋滞が起こらずスムーズにお手伝いしてもらえそうです。

WORKS

MODEL HOUSE 004

    • 間取り
      3LDK
    • 敷地面積
      105.70m²(31.97坪)
    • 延床面積
      106.81m²(32.31坪)
  • ぐるっとキッチン

    ぐるっと回れて、家事がテキパキ進むキッチンスペース。クローズドキッチンなので、調味料など散らかっていてもOK。パントリー2か所とカップボードがあるので、見せたくないものは隠しちゃいましょう。

  • スタディカウンター

    キッチンから見えるスタディカウンター。子供の「ちょっと教えて~」もぐるっと回らず、直ぐに駆けつけることができます。キッチンにすぐ戻れるからこそ、料理の合間に一息ついたり、パソコンで調べ物したりとママにもうれしいスペースです。

  • ファミリークローク

    3階のバルコニーで干して、畳んだら、まとめてファミリークロークへ。各部屋に収納しないからラクチンです。

PLANNING

The Architect’s Voice

旗竿地ではありますが、南側が大きく開けている立地を活かし、明るいお家を目指しました。内装、外装共にホワイトをベースにシンプルに。アクセントで入れたカラーが目立つ様に計画しました。リビングの間接照明や回遊できるキッチン、キッチンから見えるスタディカウンターなど、居心地のいいLDKが、家族みんなが集まる”明るい”お家となりますように。