CONCEPT HOUSE

適材収納で生活動線がスマートな家

DATA
  • 所在地
    大阪市城東区
  • 家族構成
    コンセプトモデルハウス
  • 敷地面積
    57.63m²(17.43坪)
  • 延床面積
    97.74m²(29.56坪)
WIC外観デザイン

外観

石目と木目の素材感を活かした立体的でかっこいい外観。

玄関アプローチ

あえて曲線的に配置したダークなレンガを目をひく玄関アプローチ。

駐車スペース

駐車スペースには外部収納を設けました。愛車のメンテナンス用品やバーベキューコンロなどのアウドドア用品の収納に。

玄関

大容量のシューズクロークを備えた広くとった玄関。

リビング

2階のバルコニーから明るい光が差し込むリビング。ネイビー×ホワイトでコーディネイトした上質な空間です。

LDK

奥行きを感じられるよう、直線的にダウンライトを用いたLDK。

キッチン

落ち着いた雰囲気のベージュのキッチン。

洗面室

洗面室には、タオルや着替えなどを収納できる可動棚の適材収納が。家事動線を意識した作りになっています。

ウォークインクローゼット

夫婦2人分もたっぷり収納できる、主寝室にある大容量のW.I.C。

The Architect’s Voice

適材収納に、家事・生活動線をできるだけコンパクトにすることでスマートに暮らせるお家ができました。各居室の収納に加え、適材適所にゆとりある収納を設け「生活に必要なものが、必要な場所にある」環境だから、ものを持ち過ぎず、無駄なく暮らすことができます。2階のキッチンを中心に水廻りを配置し、無駄のない動線にしたことで、日々の家事が楽になるように工夫しました。外観・内観共に落ち着きのあるテイストで居心地の良いお家になりました。