CONCEPT HOUSE

間接照明が包む、リラックス空間の家

DATA
  • 所在地
    大阪市平野区
  • 家族構成
    コンセプトモデルハウス
  • 敷地面積
    116.45m²(35.22坪)
  • 延床面積
    112.62m²(34.06坪)

外観

グレー×木に、ブラックの窓枠でアクセントを加え引き締まった印象に。

アプローチ

アプローチ部分には、目を引く天然木パネルを。将来にわたり経年劣化を楽しむことができます。

玄関

3帖程の広い玄関ホールには、ピクチャーレールと使い勝手の良いブラインドフックを設置しました。

キッチン

キッチン上部の下がり天井に、間接照明を施しました。天井全体がふわっと光を放つので、天井に奥行きを感じられます。

リビング

シーリングファンに、壁面と一体化した縦ラインの照明でリゾート地にいるようなリラックスできるリビングになりました。

タタミスペース

リビング横のタタミスペース。1段上げることで、緩くゾーニングしています。

主寝室

造り付けのベットボードには、間接照明を。揺らぐ明かりでホテルのような心地よいくつろげる主寝室になりました。

ベットボード

ベットボードの後ろには、お気に入りの絵を飾るアートスペースとして。

インナーバルコニー

4帖程ある広いインナーバルコニー。チェアを置けば、家族だけの屋外プライベート空間に。

The Architect’s Voice

天井高をできるだけ高くし、間接照明がお部屋を優しく照らすリラックスをさそうお家ができました。内装は落ち着いた木目を使い、天井を高くすることでより開放的になるようあえて和室を仕切らず大空間に。長い時間を過ごすLDKには、テレビの背面とキッチン上部に間接照明を施しました。光源が見えない、やさしいくつろぎの灯りは温かみのある居心地の良い空間を演出してくれます。空間だけでなく、玄関ホールの収納や2つのW.I.Cに家事が楽になるレイアウト、木の風合いが楽しめる外壁など、1つ1つ細部にまでこだわったお家です。